ずっとずっとずっと


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
袋小路の男/絲山秋子
「あなた」とは指一本触れないままの12年間、袋小路に住む男にひたすら片思いを続ける女を描いた究極の純愛小説。川端康成文学賞受賞の表題作を含む3篇を収録した短篇集。『群像』掲載を単行本化。

表題作「袋小路の男」、その続編の「小田切孝の言い分」は12年間セックスもなく、約束もないままお互い離れられずにいる男女の話。「アーリオ オーリオ」は叔父と姪が文通によって心を通わせていく話、です。読後感は悪くはないんですが、なんだかいまいち・・・。とりあえず「純愛」ではないんじゃないかなーと。「私」がずっと片思いし続けている小田切の魅力がよくわからなかったので、まったく共感できませんでした。作中で「私」の友人たちも言っていたけど、典型的なダメ男だと思います。客観的にみると、駄目な男に振り回されている馬鹿な女、に見えなくもないような。ふたりともお互いを必要としているのは確かだろうけども、それは「恋愛」とは違った別の感情ではないでしょうか。あえていうなら、「執着」に近いような・・・。『袋小路の男』というより、『袋小路にはまってしまった男女の話』といった感じでした。個人的には「アーリオ オーリオ」の方がすきだなー。
| あ行(絲山秋子) | 00:14 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:14 | - | - |