ずっとずっとずっと


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
風が強く吹いている/三浦しをん
箱根の山は蜃気楼ではない。襷をつないで上っていける、俺たちなら。才能に恵まれ、走ることを愛しながら走ることから見放されかけていた清瀬灰二と蔵原走。奇跡のような出会いから、二人は無謀にも陸上とかけ離れていた者と箱根駅伝に挑む。たった十人で。それぞれの「頂点」をめざして…。長距離を走る(=生きる)ために必要な真の「強さ」を謳いあげた書下ろし1200枚!超ストレートな青春小説。最強の直木賞受賞第一作。

面白かった!感動した!文句なしで人にオススメできる本です。内容もキャラクターも、こうなんだろうな〜という期待をまったく裏切らず、良い意味で“王道”な青春モノでした。
訳アリのエース、頭脳派の2番手、真面目でかわいい女子マネージャー的存在、やたらとつっかかってくるライバルや貫禄のある“王者”的なライバル、短期間でどんどん伸びていく記録、そして最後は・・・。ここまで完璧に揃っていながらも、ひとつひとつがちゃんと書かれているので、展開が見えているのに泣けたし感動できたんだと思います。前半は設定とキャラクターの確認、といった感じでわりとゆっくりと進んでいきますが、後半の箱根駅伝に差し掛かってからはぐいぐいと引き込まれていきます。選手10人を丁寧に書いているので、それぞれの心情・箱根への思いが伝わってきて・・・!私はここで泣きました。神童・・・!本当にいい本だった。読んでよかった!
正直な話、どうせ直木賞を受賞するならこっちの方がよかったのに〜と思いました。今までのしをんさんの作品はわりとくせのあるものが多いけれど、この本は万人受けしそうだし。もともと箱根駅伝が好きな人はもちろん、興味がなかった人でも楽しめると思います。年末あたりに文庫化しようものなら・・・売れそうだな、と。
| ま行(三浦しをん) | 06:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 06:52 | - | - |









トラックバック機能は終了しました。